ワキの黒ずみにオロナインは効果ある?

ワキの黒ずみで悩んでいませんか?

巷では皆さんがよくご存じのオロナインでワキの黒ずみを解消できるという話があるようですが、本当なのでしょうか?

今回、ワキの黒ずみにオロナインが効くかどうかについてまとめました。

ワキの黒ずみ、オロナインでは治らない!

身近で手軽なぬり薬で人気のオロナインですが、ワキの黒ずみそのものには全くの効果はありません。当然美白効果もありませんし、美容やエイジングケアもできません。

添付文書によるとオロナインには殺菌成分や保湿成分は含まれていますが、残念ながら色素沈着などによるワキの黒ずみ解消には全く効果はないのです。

ワキの黒ずみの原因の一つ、ムダ毛処理後の炎症防止に効果あり

オロナインは本来、炎症用の塗り薬です。

黒ずみの原因の一つに、炎症による色素沈着が原因のものもあります。

ワキの黒ずみの場合、特にムダ毛処理による炎症が原因のものも少なくありません。

カミソリや毛抜きでムダ毛処理を行うと皮膚に傷がついて炎症が起こり、これをほおっておくと黒ずみの原因になります。

ムダ毛処理の炎症を放置していると、色素が沈着してそれが黒ずみになるため、炎症が起こったらor起こる前にオロナインを塗ることでワキの黒ずみを予防することはできるでしょう。

しかし実際の黒ずみを消す効果はありませんので、黒くなってから慌ててオロナインを塗ることがないように日頃からのケアを心がけてください。

ただし塗りすぎには注意です。何事もホドホドが大事ですよ。

ワキの黒ずみの原因

特に夏場など露出が多い季節に気になるワキの黒ずみですが、3つの原因があると言われています。

皮脂や古い角質

ワキの下は汗腺が多く存在するため。人の身体の中でも特に汗をかきやすい部位です。

そのため皮脂や古い角質が溜まりやすく、それらが酸化することで黒ずみとなります。

メラニン

皮膚は刺激を受けるとそれを防御するためメラニンという黒い色素を持つ物質を生成します。

ワキは皮膚が薄いため刺激を受けた時にこのメラニンが過剰に生成されやすく、その色素沈着により黒ずみが出来上がってしまいます。

強い刺激

ワキは脱毛や剃毛などで刺激を受けやすく、間違った処理方法で過度な刺激を与えることで黒ずみができやすくなります。

また、処理後のケアが不十分だとさらに黒ずみが悪化することもありますよ。

オロナインのおさらい

オロナインといえば皮膚疾患や外傷治療に用いられる軟膏で、薬局やドラッグストアの身近な場所で買うことができます。

小さい頃に虫刺されや、あかぎれでお世話になった人もいるでしょう。

皮膚疾患の薬としてはわたし達の生活に一番馴染み深い塗り薬かもしれませんね。

オロナインの効能・効果

オロナインの効能・効果はひびやあかぎれ、きりきずやすりきずといった軽い外傷の治療に用いられます。

また、にきびや吹き出物といった皮膚疾患や、やけどなどにも塗られることからある意味で肌トラブルの万能薬のように使われることも少なくありません。

オロナインの成分

オロナインの主成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液というもので、塗布時に殺菌力を発揮するのみならず、皮膚に残留することで持続的な抗菌作用を発揮するものです。

また添加物としてグリセリンやオリブ油、ワセリンなど保護剤が含まれています。

つまり皮膚を保護しつつ殺菌作用を及ぼす成分が含まれているということです。

ここで注目なのがオロナインにはステロイドは含まれていないということです。

まとめ

オロナインの主成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液というもので、殺菌作用や抗菌作用があります。

そのためオロナインは皮膚疾患や外傷治療として用いられます。

オロナインには美容成分が含まれていないためワキの黒ずみの解消には効果は発揮しません。

しかし、黒ずみの原因となる強い刺激で生じた小さな傷や炎症を保護・治療する効果があるため、黒ずみの予防には効果を発揮するかもしれません。