ワキの黒ずみにはハイドロキノンがおすすめ!その注意点

ワキの黒ずみを簡単に消したい!という場合にはハイドロキノンを含有したクリームがおすすめです。

塗るだけでだんだんと黒ずみが薄くなりついには消してしまうことも可能です。

今回、ワキの黒ずみへのハイドロキノンの効果と注意点についてまとめました。

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンとは肌の漂白剤とも呼ばれており、シミや黒ずみの治療に使われています。

シミや黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を抑え、またメラニン色素を生成するメラノサイト自体も減少させる作用があります。

イチゴやブルーベリー、コーヒーなどにも含まれる天然の成分であるためその安全性も確保されています。

ハイドロキノンは美白成分として有名なビタミンCやプラセンタのおよそ10~100倍の美白効果があるとさえ言われています。

ハイドロキノンクリームの種類

ハイドロキノンが配合されているクリームには一般に市販されている美白用化粧品や、皮膚科で処方される治療用の塗り薬などがあります。

ハイドロキノン1~4%

刺激が少なく安全性が高いハイドロキノンの配合濃度ですが、その反面効果や即効性が得られにくいという欠点もあります。

市販の製品では4%を超えてハイドロキノンを配合することはできません。

ハイドロキノン5~10%

主に医薬品で使用される含有量です。

低濃度のものよりも高い効果が期待できますが肌への刺激を感じることがあるかもしれません。

また、副作用も起きやすくなってしまいます。

必ず医師の指示通りに使用しましょう。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは非常に強い成分であるため炎症や皮膚の赤みがでることがあります。

このような場合にはすぐに使用を中断し、医師の指示を仰ぎましょう。

また、長期間の使用で肌に白斑が出ることもあります。

使用上の注意点

ハイドロキノンはメラニンの生成を抑える作用があるため使用時に紫外線に当たると黒ずみやシミが悪化する恐れがあります。

使用時には必ず日焼け止めを併用し、紫外線から肌を守るようにしましょう。

まとめ

ワキの黒ずみを解消する方法としてハイドロキノンの使用があります。

ハイドロキノンとはシミや黒ずみの治療に用いられる成分で、メラニンの生成を抑えたりメラノサイト自体を減少させることで色素を薄くする効果があります。

ハイドロキノンが4%以下の低濃度の商品は市販でも購入することができ、安全性が高いですが効果が得られにくいこともあります。

ハイドロキノンが5~10%のものは医薬品として作られており、必ず医師の処方が必要です。

効果は低濃度のものより得られやすいですが肌への刺激や副作用が起きやすいという点に注意が必要です。

ハイドロキノンの副作用としては皮膚の炎症や赤み、白斑などがあります。

これらの症状が出た時には使用を中断し、医師の診察を受けましょう。

また、ハイドロキノン使用時には肌のバリア機能が弱くなっているため必ず日焼け止めを併用するようにしましょう。