ワキの黒ずみを消したい!おすすめの方法

ワキの黒ずみを何とかしたい!とお思いのかたも多いでしょう。

特に夏など露出が多くなる季節までには解消したいですよね。

今回、ワキの黒ずみの原因とその解消法についてまとめました。

ワキの黒ずみの原因

ワキの黒ずみの原因として考えられることは主に3つあります。

色素の沈着

肌は刺激を受けると防御機能が働き、メラノサイトという細胞からメラニンを生成します。

このメラニンは黒い色素を持っており、強い刺激や繰り返しの刺激を受けるとメラニンが過剰に生成されることとなります。

すると黒い色素が沈着することになり、ワキの黒ずみの原因になります。

特にカミソリや毛抜きなどによる無理な脱毛は強い刺激となるため黒ずみになりやすいのでご注意ください。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは肌の内側から新しい細胞が生まれ、これが外側の古い細胞を脱落させることできれいな肌を保つ機能です。

このターンオーバーが何らかの原因で乱れると古い細胞が脱落せず溜まることとなり、皮脂や毛穴が詰まりやすくなって黒ずみの原因となります。

特にワキは汗腺が多くて汗をかきやすく、皮脂や毛穴が詰まりやすい部位と言えます。

埋没毛

無理な脱毛で毛穴に毛が残ったままにしておくと、その上に新しい皮膚が作られて埋没毛になってしまいます。

埋没毛が多くなると皮膚の下に毛が存在することになるためワキが黒く見えてしまいます。

ワキの黒ずみ解消法

ワキの黒ずみはスキンケアやピーリング、食事などで解消することができます。

スキンケア

肌を清潔にして保湿をすることでターンオーバーを正常化し、黒ずみを解消することができます。

ボディソープや石鹸などで傷つけないよう優しくワキを洗って角質や皮脂をしっかり取り除き、保湿をして肌を刺激から守るようにしましょう。

汚れがひどい場合にはピーリングを行って汚れをリセットするのも手ですね。

ただしピーリングは肌にかかる負担も大きいため頻繁に行わず、また正しい方法で行うように注意しましょう。

すでにできてしまった黒ずみには美白化粧品を使いましょう。

成分にプラセンタエキスやハイドロキノンが含まれているものを使用すると効果が高いです。

食生活

美肌に効果がある栄養を多く摂ることで黒ずみを予防したり改善することもできます。

ビタミンCはメラニンの生成を抑え、黒ずみを薄くする効果があります。

柑橘類やパセリなどに多く含まれる栄養素です。

ビタミンEはホルモンを活性化したり抗酸化作用がある栄養素です。

キウイやカボチャ、アーモンドなどに多く含まれます。

リコピンは強い抗酸化作用があるため黒ずみ防止に効果的です。

トマトやスイカに多く含まれます。

皮膚科にいく

黒ずみが特にひどい場合は皮膚科に通うのも手です。

薬を使ったより効果が高いケミカルピーリングや、市販薬より効果が高い美白医薬品を処方してもらえます。

ただし効果が高い分コストもかかる点にはご注意ください。

まとめ

ワキの黒ずみの原因としては刺激による色素沈着や肌のターンオーバーの乱れなどが考えられます。

黒ずみ解消法としてはスキンケアや食生活、医療機関の受診が挙げられます。

スキンケアの方法としてはワキを清潔に保ちしっかり保湿することが重要です。

すでにできてしまった黒ずみにはピーリングで汚れを落としたり、美白化粧品で黒ずみを薄くする方法が効果的です。

また、ビタミンCやビタミンE、リコピンといったメラニンの生成を抑えたり、抗酸化作用がある栄養を摂ることも有効でしょう。

あまりに黒ずみがひどい場合には皮膚科を受診して専門的な治療を受けることをおすすめします。