ワキの黒ずみはドラッグストアでは対応できない!どうすればケアできる?

ワキの黒ずみを何とかしたいけど専用の商品は高くて手が出しづらいですよね。
そんなときに思い浮かぶのがドラッグストアで販売されている手頃な価格の商品です。
しかし、これらの商品で本当にワキの黒ずみがケアできるのでしょうか?
今回、ドラッグストアの商品でワキの黒ずみのケアができるのかとおすすめの方法をまとめました。

ドラッグストアの黒ずみ解消商品

ワキの黒ずみ対策をする場合の商品は主に医薬品、医薬部外品、化粧品に分かれます。
この中でドラッグストアで主に購入できるものは医薬部外品や化粧品といったものです。

医薬品とは

医薬品には医療用医薬品と一般医薬品があり、医療用医薬品は医師の処方箋がないと手に入れることはできません。
一般医薬品はドラッグストアでも手に入れることができますが効果が高い反面、副作用が起きやすくなっているので、薬剤師などの説明を聞いて購入することをおすすめします。

化粧品とは

厚生労働省の許可なく製造・販売できるもので、スキンケア用品やコスメなどがこれに当たります。
安全性が高い反面、配合することができない成分が多くあるので効果が薄くなってしまいます。

医薬部外品とは

医薬部外品は簡単に言うと医薬品と化粧品の中間に位置するもので、化粧品では配合できない成分も含めることが可能です。
副作用の発現率もそれほど高くないので医師の処方箋なしでも購入することができます。
しかしそれほど高い効果の成分は配合できないので、思ったほどの効果が得られない場合もあります。

ドラッグストアで買える化粧品

ドラッグストアで購入できる黒ずみ対策商品として、古い角質を落とすものや保湿効果でワキの状態を保つものが挙げられます。
クレンジング効果やピーリング効果で古くなった角質や汚れを落とすことで、透明感のある肌へと導きます。
中でもビタミンC誘導体が配合されている商品がおすすめで、合わせて肌の状態を健やかに保つ保湿効果があればなお良いでしょう。

ドラッグストアの商品がおすすめできない理由

ワキの黒ずみ対策にはドラッグストアの商品はおすすめできません。
ドラッグストアで主に購入できる商品は化粧品なので、効果はそれほど期待できないからです。
さらに高い効果を求めるのであれば医薬部外品の購入を検討すればよいのですが、こちらは常駐の薬剤師がいなければ販売できず、いつでもどこでも購入できるとは限りません。
確実なワキの黒ずみ対策を行いたいのであれば少々値段は高くなりますが医療機関の受診や、ネットなどで購入できる医薬部外品の使用をおすすめします。

まとめ
ドラッグストアで購入できるワキの黒ずみ対策商品としては一般医薬品、医薬部外品、化粧品などがありますが、どこでも購入できるものは化粧品です。
黒ずみ対策の化粧品はクレンジング効果やピーリング効果によって古くなった角質や汚れを落とすもので、特にビタミンC誘導体や保湿成分が入ったものがおすすめです。
しかし化粧品は高効果な成分が配合できないため思ったほどの効果を得られないことがあります。
確実にワキの黒ずみを解消したいのであれば医療機関の受診やネットで購入できる医薬部外品がおすすめです。